出演者紹介「狩野泰一」

■狩野泰一 Yasukazu KANO

1000_667

1963年東京生まれ。
13歳でドラムを始め、一橋大学在学中にライブ活動を開始する。
ニューヨーク留学中、自己のアイデンティティーに目覚め帰国。
1987年「鼓童」に参加し1997 年に独立。
佐渡島に暮らしながら「篠笛」の新たな世界を広げて2005年にメジャーデビューし、CD9枚、教則DVD1冊、楽譜集2冊、写真エッセイ1冊を出版。
これまで世界30カ国で2,000回を越える公演をし、映画、テレビ、演劇等の音楽プロデュースも手がけている。
「篠笛講座」を全国、世界で展開して笛、祭文化の再興、再創造に尽力し、「鳥笛ワークショップ」等で自然の素晴らしさ、大切さを伝えている。
「あそびも仕事も創るもの!」等、篠笛演奏を交えての講演会は各方面で好評。
天皇皇后両陛下の御前演奏、ミラノ万博2015出演も務め、東京ドームで空手の世界チャンピオン宇佐美里香とコラボ他、南こうせつ、サリナ・ジョーンズ、中西圭三、河村隆一など多くのア-ティストと共演している。

狩野泰一 Website(外部サイト)

 

【共演者】

■林正樹(ピアノ)Masaki HAYASHI

%e6%9e%97%e6%ad%a3%e6%a8%b9

1978年東京生れ。
大学在学中の 1997 年 12 月に、伊藤多喜雄&TakioBand の南米ツアーに参加、音楽家としてのキャリアをスタートさせる。
現在は自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」、田中信正とのピアノ連弾「のぶまさき」などの自己のプロジェクトの他に、「渡辺貞夫クインテット」、「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」「Blue Note Tokyo All Star Jazz Orchestra」など多数のユニットに在籍。
演奏家としては、長谷川きよし、小野リサ、椎名林檎をはじめ、多方面のアーティストと共演。
多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。
2015年9月〈SPIRAL RECORDS〉より「コンポーズ」を主眼に置いたソロ・アルバム«Pendulum» をリリース。

■金子竜太郎(和太鼓) Ryuraro KANEKO

%e9%87%91%e5%ad%90%e7%ab%9c%e5%a4%aa%e9%83%8e%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e7%94%a8

1987年より太鼓芸能集団「鼓童」の中心的プレーヤーとして20年間活動。
作曲、編曲、演出、音楽監督(坂東玉三郎 演出”アマテラス”など)も手掛けた。
2007年独立。世界6大陸42ヵ国にて演奏する。太鼓が持つ多彩な表情を伝えるソロパフォーマンス。
未知の音楽創 りを追求するユニット。
世界中の音楽やダンス、アートなどとのジャンルを超えたセッション。
これら3つのスタイルで、高い音楽性と柔軟な感性を表現している。
独自のデザインによるチャッパ(日本の小型シンバル)のオリジナル奏法は、和太鼓アンサンブルに革新をもたらし、2009年、全国初となる教則DVD をリリース。
ワークショップは、他に類を見ない“ゆるみ打法”を中心に、演奏技術やアンサンブル、また太鼓を使わないワークも行う。
心身の探求に基づく内 容は、体感を通した多くの気づきがあり、太鼓未経験者からダンサー、アクターなど各界プロや教師まで、国内外の高い評価を得ている。